タグ別アーカイブ: 穴場

旅行会社が目を付けない穴場の埼玉観光スポット4選

日本全国の観光地情報

どうも!はぎおまさるです! 日本全国津々浦々、転勤で住み歩き飲み食べ歩いた経験から、ヘルスケア情報・介護問題を発信しています。還暦を迎え益々元気です! 全国を股にかけながら、実は一回も住んでいない「埼玉県」を取り上げました。 住んでなくても隣近所のお付き合いで、めちゃくちゃお世話になりました。 ダサイタマ、なんて絶対に言えません!独断と経験による知られざる埼玉のおススメスポットを4カ所ご案内しましょう! 今日は、和光市→熊谷市→羽生市→秩父市、と廻りましょう! 和光市 イベントが多い 毎年秋に行われる和光市民祭りを筆頭に、様々なイベントが行われています。 写真は東京オリンピックプレイベント。和光市駅前で行われました。 旧川越街道をそぞろ歩くと湧き水発見! 白子宿には水が湧き出てます 水が美味しいからお蕎麦が旨い! おそばの田なか お薦めのおそば屋さんです。 ざるそばが一押しですが、珍しい?カレー南蛮そばが隠れた名品です。 Honda の街 和光市には、本田技研工業の研究所・工場が2カ所もあります。 和光市を歩いているとホンダの車が比較的多いことに気づくでしょう。 Honda渾身のリアルスポーツカー Hondaが新たなスーパースポーツ像を世界に提示するNSX。サンリッチ社製のTSM-MODELをベースとし、日本仕様のNSXをディスプレイモデルで忠実に再現。ボディーカラーはバレンシアレッド・パール。 熊谷市 日本でも指折りのホットな街です。 ホットというのは気温です。 隣の群馬県の館林、岐阜の多治見と並ぶ気温40度超の街! そんな熊谷で外せない観光スポットが、権現造りで埼玉の日光といわれる妻沼聖天山です。 妻沼聖天山歓喜院 日本三大聖天の一つ 左に大師堂、奥に本堂があり、豪華な彫刻が特徴の建物を有料で見ることができます 熊谷名物 五家宝(ごかぼう) 埼玉の三大銘菓です! 草加市の草加煎餅・川越市の芋菓子と共に埼玉の三大銘菓とされているのですが、知らないですよね・・・・・・・・・・・・ あられ状にしたもち米を水飴を使って棒状に固め、きな粉と糖蜜で作った皮で包み、さらにきな粉を表面にまぶしたものです。 きゃりーぱみゅぱみゅさんがテレビ番組で大絶賛したところ一時品薄になった時期もありました。 熊谷市ではなんと学校給食に出されることもあるのです。 何ともクセになる味ですね。材料もシンプルだし、安心して食べられます。 羽生市 利根川沿いでスカイフェスタが行われます! 羽生(はにゅう)と聞いたらあなたは何を思い浮かべますか? 羽生弓弦?羽生善治? 何も浮かばない!? はい、そうですね、それも正解かも 何も無いというと地元の方に怒られちゃいますが、私の場合は利根川です。 群馬県のみなかみ町の大水上山を水源として、前橋、高崎、伊勢崎から埼玉県との県境を流れたあと、茨城県神栖市と千葉県銚子市の境において太平洋(鹿島灘)へと流れる日本三大河川です。 利根川 川の向かい岸は群馬県。 暴れ河川として名高く、地元では「坂東太郎」と呼ばれて親しまれています。 羽生あたりの坂東太郎の流れが一番好きです。 羽生水郷公園 さいたま水族館の隣にある広い公園です。アウトドアも楽しめ、綺麗な芝があるので、ピクニックに最高! 夕方までいれば夕景が最高です! 田山花袋の小説「田舎教師」舞台の町 「四里の道は長かった。その間に青縞の市の立つ羽生の町があった」 田舎教師より この作品は、実在の人物小林秀三が書き残した日記をもとに田山花袋が丹念な取材を行って書き上げた小説で、登場人物はほぼ実在した人々です。 明治30年代の羽生の自然や風物、人間模様が生き生きと描かれており、主人公林清三を中心にした小説として、また、明治期の郷土羽生の風景や人々を現代に伝える郷土資料と言えます。小説から当時の面影を偲ぶことができます。 花袋そば 花袋そば、食べればわかるこの美味さ。 羽生市の名産花袋(かたい)そばです。 乾麺なので好きな時に茹でたてを食べることが出来ます! 秩父市 秩父と言えば最近では 笑点メンバーの林家たい平さんが宣伝する 秩父夜祭りとか、長瀞(ながとろ)だと思いますが、私のお薦めスポットは 秩父ミューズパークです。 秩父ミューズパーク 「ミューズパーク」という名前の由来は、ギリシャ神話に登場する人間のありとあらゆる知的活動を司る女神の名前「ミューズ」(英語ではMuse)にちなんで名づけられています。 この女神たちは、天地全能の神ゼウスと、記憶の女神ムネモニュネの娘であり、人々から苦しみや悩みを忘れさせ、喜びと楽しみを与え、明日の生活の糧を与える最高の女神であり、芸術、学問を司る女神でもあります。 広くて綺麗なパーク内の遊歩道を散策していると、この女神たちの、ミュージック(音楽)、ミュージアム(博物館)、アミューズメント(娯楽)などのモニュメントが。 ミューズパークは私たちの煩悩を忘れさせてくれるような公園です。 PICA秩父 コテージ ミューズパークに併設されているコテージに泊まりましょう!ミューズパーク PICA秩父は長尾根丘陵に広がる秩父ミューズパーク内にあります。 ここで一泊してバーベキューをするのがこの上ない楽しみとなっています! 手ぶらでOK すべて貸し出し、食材もすべて購入できます!   次の記事です 秩父のコテージでは是非美味しいワインを持参しましょう!持ち込みOK! ワイン初心者にオススメのワイン13選 続きを読む

京都観光おすすめ穴場スポット6選

日本全国の観光地情報

日本全国津々浦々を転勤で住み歩き、飲み食べ歩いた経験を発信しています。 京都には住んでは居なかったのですが、転勤地大阪から週末散策したり、仕事で平日訪れていますので、現地と観光者の目線でお届けします。 京都をスムーズに楽しむ手段 京都の観光地は混みます!京都観光に行く場合は以下の手段を押えるとスムーズに楽しめるでしょう。 移動は電車か、歩き、レンタサイクルを使う 特に観光シーズンはそうですが、とにかく道路が大渋滞するので、バスやタクシーの移動にはかなり時間がかかります。 観光客が多すぎて、地元住民が乗れなくて社会問題にもなっている「バス」、ぎゅうぎゅう詰めのバス移動はとても大変です。出来れば健康のためにもゆっくりのんびり歩いて移動してみませんか? 事前に行きたいスポットの位置を把握 行きたい場所の位置関係を事前にチェックしておかないと、道に迷って大変なことになりかねません。あらかじめ位置・方向を把握しておくことは絶対必要です! 食事をするなら予約をするか開店同時の入店を! 特に人気店に行くなら、予約をするか開店と同時の入店が狙い目。有名店ならTwitter検索で混雑状況をチェックしたり、レビューサイトで待ち時間を事前に調べたりするのがおすすめ。 穴場スポットは中心街から少し外れたところにあります。 中心街のど真ん中エリア(南北は四条通り~御池通り、東西は東大路通り~烏丸通り)から少し外れた通りに、落ち着いた、穴場スポットがあります。 おすすめスポット① 岡崎神社 かわいいうさぎさんが出迎えてくれます。 かつて境内一帯がうさぎの生息地であったので、兎がこのお社の神使いとなったとのことです。うさぎは子だくさんなので安産・子授けの神様として信仰されています。また御朱印には東天王とあります。御所の東をお守りするお社として建立されたよし。この少子化の時代、ぜひとも沢山の子供が生まれ、無事成長することをみんながお祈りしましょう! うさぎのおみくじも超可愛い!500円と少し高いけど可愛さに負けて思わず運試しに購入してしまいます。 会いに行ってあげてください! 奥に行くと出会える、うわさの「狛うさぎ」がこちらです。 可愛いうさぎたちに囲まれていながら、落ち着いていて、ゆったり出来ます。穴場感あります。うさぎ好きにはたまらない穴場スポットです! おすすめスポット②  哲学の道 穴場では無く、鉄板の定番の観光スポットですが、歩く距離が長い分、混雑も分散されいい感じで観光できます。 春は桜、秋は紅葉の名所として有名な遊歩道で、周辺にはカフェやおいしい食事スポットがたくさんあります。自然を感じることができる京都有数の癒しスポットと言われており、ちょっとしたお散歩には最適な場所です。 この道は、銀閣寺から熊野若王子神社まで続いており、日本の道100選にも選ばれている川沿いを歩く道です。 ゆっくり半日位掛けて歩くのがとても楽しく、いまでもふらっと息抜きに訪れています。 大豊神社付近にある閉店したカフェ跡付近には野良猫がたくさん生息しておりふれ合いが楽しめます おすすめスポット③  南禅寺 哲学の道を訪れるなら、こちらも鉄板の観光地、南禅寺を外す手は無いでしょう。穴場で無くても何度でも癒やされます。 ちょっと京都駅から遠いので、ゆっくり時間があるときに行きましょうね。凄く広くて見るところが多いのです。 歴史を感じるところもあり庭園は綺麗にで日本の良さを再確認出来ます。 「絶景かな、絶景かな」という言葉を聞いた事はありませんか?この言葉は、かの有名な石川五右衛門が歌舞伎『楼門五三桐(さんもんごさんのきり)』の中で南禅寺の三門からの景色を愛でて言った名台詞です。「南禅寺」は臨済宗南禅寺派の総本山。南禅寺の敷地に入ってまず目に入る高さ22mもある巨大な三門は圧巻です。三門の楼上からは南禅寺境内はもちろん、京都市内の四季も一望できる素敵な景色に巡りあうことができるでしょう。 水路閣は琵琶湖の水を京都市へ流すために作られた、琵琶湖疏水という水路の一部です。南禅寺の境内を通る必要があったので、景観に溶け込むようにデザインされていて、モダンな橋が画になり、様々なドラマの撮影舞台となった人気の観光地です。水路閣をくぐり抜けて右手側の階段を上り、疏水の流れる山道を進むと、明治24年(1891年)6月に操業を開始したレンガ造りの蹴上発電所という、水力発電所が現れます。 おすすめスポット④ 石像寺(釘抜地蔵) 「釘抜地蔵」という通称で有名な「石像寺」。地元の方からの信仰がとても厚く、多くの人が絶えず参拝に訪れます。 またお寺の中にある地蔵は、人々の身体や心の苦しみを抜き取るということから「苦抜き(くぬき)地蔵」と呼ばれるようになったそうです。 山号を家隆山とし、光明遍照院石像寺と正式名称を呼ばれる。浄土宗知恩院末寺で通称の釘抜地蔵は地蔵堂の石造地蔵菩薩立像に由来した事によります。洛陽48願所地蔵めぐりの第16番札所になってます。 今もなお、地蔵堂の壁には、2本の5寸釘と釘抜きを絵馬に張り付けた御礼絵馬が、願いが叶う事により奉納され、壁に一面に篤い信仰を証しとして『御礼』と書かれて奉納されています。 『身体や心に釘が刺さったから抜いて下さい』と、祈願すると御利益があります。 近隣のお住まい参拝者は、御百度参りをされる方がおられ、本堂の横に竹の棒があり、自分の年齢の分を持って本堂の周りを願いを込めて回ります。一周すると竹の棒を返します。必ず年齢分で無くても良いそうです。 境内には、大師が掘った加持祈祷の際に使用した井戸(京都三井の一つ)や、本堂背後に重要文化財の石仏、阿弥陀三尊像は、一尊台座、光背共に一つの石で彫る石像で全国的にも最古例であると言われます。 十一面観音石像のお顔の真後のお顔がとてもユニークです。公卿、藤原定長、歌人、藤原家隆、藤原定家、医師作庵の墓が有ります。 おすすめスポット⑤  貴船神社 日本を代表するパワースポットとして、近年、静かなブームを生んでいる「貴船神社」。縁結びの神様として有名な神社で、毎年多くの参拝客が願い事をしに訪れています。今回、大原から京都バス(55系統)で伺いました。路線バスの旅で放送していました。実際に移動してみました。かなり静かな場所です。貴船神社もゆっくり参拝出来ました。雨の為、観光客、参拝者の方々も少なく良かったです。貴船神社の奥宮にも伺いました。総本宮より徒歩往復で約30~40分ほどです。この時期は静かなですが夏の時期は川床料理も味わえるお店があります!朝の早い時間が特にお薦めです!御朱印は最初に御朱印帳を預けて番号札を貰い、時間が経ってから貰いに行くシステムです。貴船駅から神社近くまで行くバスは、降車時に代金を払うシステムで、大阪市営地下鉄と京阪電車の1日フリー切符では乗れないというのは、降りる時に分かります。バスに乗る前にそういうことを書いている看板があったように思いますが、自分が買ったフリー切符の絵柄と同じものが無かったように思ったので、ついつい乗っちゃいました。初めての人には、なかなか難しいですね。一応、小銭を用意して乗るのがいいと思います。 おすすめスポット⑥  おたべ本館 京都みやげとして定番のおたべ。株式会社おたべの本社工場に併設された「おたべ本館」では、工場見学だけでなく、おたべの手作り体験をすることもできます。駅やお土産屋ではなかなか手に入らないおたべの商品が売ってます、以前は売ってたのですが、生八ツ橋の「白」が売っていてこれがクセがなく美味しい生八ツ橋だったのですが、引っ越しして6年ぶりに訪れたら発売終了していました・・・残念、しかし季節ごとの生八ツ橋があり試食もできるのでおススメです、他にも生菓子も売ってます。 京都観光おすすめ穴場スポット6選 まとめです。 今回のおすすめ観光地の中には「穴場」では無いところがありますが、あえておすすめ観光地としてご紹介しました。 裏の裏というか、鉄板の観光地でも、広いスポットなので、ゆっくりと散策しながら自分の楽しみを見つけることが出来ます。 おすすめ観光スポット① 岡崎神社 おすすめ観光スポット② 哲学の道 おすすめ観光スポット③ 南禅寺 おすすめ観光スポット④ 石像寺(釘抜地蔵) おすすめ観光スポット⑤ 貴船神社 おすすめ観光スポット⑥ おたべ本館 次の記事です 腰痛・肩こりに効果抜群なストレッチングボードの使い方とオススメ2選 続きを読む

東京日帰り観光おススメスポット5選&穴場スポット

日本全国の観光地情報

2020年オリンピックイヤー、 東京は世界各国のゲストで大変な賑わいが予想されます。 各観光地はごった返すこと間違いありません。そんな際に東京を観光するなら、 効率よく廻らなければなりません。 効率よく観光するならば、東京駅スタートをおススメします。 理由は新幹線の到着駅で、効率よく廻るスタートにふさわしい起点となります。 東京に住んで50有余年経つ東京の街歩きの達人の独断と偏見による効率的ルートによるおススメスポット5選と、誰も教えない穴場スポットをご案内しちゃいます。 皇居 東京駅に降り立ったら、丸の内口を出て、まっすぐお歩きください。 我が国の象徴がお住まいになられる皇居が眼前に広がってきます。 [caption id="attachment_1882" align="aligncenter" width="300"] 営業車内より、皇居[/caption] 二重橋 「久しぶりに手を引いて♪~親子で歩けるうれしさに♬~小さい頃がうかんできますよ♪~おっ母さん、ここが♬ここが♬二重橋ぃ♪~記念の写真をとりましょね~♪」島倉千代子の「東京だよおっ母さん♪」の歌詞です。 し、失礼しました。(._.)これを見ている方のどのくらいの方がご存知か・・・・ そのくらい前からここの佇まいは変わってません。古き良き日本を温故知新しに来てください。 和田倉噴水公園レストラン 穴場というか、日帰り東京観光を効率よく廻っていただくためには、予約が出来てなるべくゆったりと過ごしていただくべくご紹介です。東京駅からゆったりと皇居周辺を観光していただくと、いい時間になってくると思われます。東京は人口も多く特に観光地となるとランチ時にすんなりとお食事をとることはほぼ不可能です。豊かな緑と迫力ある噴水を眺めながらのブッフェ形式のランチです。11:00から90分入れ替え制です。土日祝日は貸切の場合があります。大人¥ 2,800(税込)子供(5~12歳)¥ 1,400(税込)予約電話番号:03-5224-6062 桜田門 第二の桜田門外の変(大老井伊直弼(いいなおすけ)暗殺)の二の舞いを防ぐための警護をしているわけではありませんが、やたらと警察官が多いです。それもそのはず、天下の「警視庁」が真ん前にあるからです。ものものしい警備とは対照的に皇居のお堀の水色とまばゆい緑のコントラストが抜群に綺麗です。 国会議事堂 日帰りだと中へ入る時間は無いでしょう。時間があれば見学も出来ますし、楽しい国会議事堂限定グッズを買うことが出来ます。外観をパチリ! さて、国会議事堂からまた東京駅へ戻り、日本橋へ向かいましょう。 東京駅から歩けます。 日本橋 お江戸日本橋♪日本国道路元標があり、国道1号などの出発点、東海道の起点、東海道中膝栗毛の弥次さん喜多さんもここから旅立ちました。 1964年の東京オリンピックまでは高速道路もなく、空が見えていたのですが・・・ 日本橋を背に銀座方面をのぞむ(国道1号)   渋谷 少しは若者の街に触れてみましょう。永田町から3つ目、10分足らずで行けますのでぶらり散策してみましょう。まずはたびたびテレビで登場するスクランブル交差点。 渋谷のスクランブル交差点 お天気中継やDJポリスで有名ですね、観光で訪れる外国人が日本の驚きの光景として取り上げられている交差点です。さてさてぶつからずに歩けますかな。 NHK スクランブル交差点から代々木、原宿方面をぶらぶら歩くとNHK放送局の敷地にたどり着きます。ある程度のところまでは入れますので行ってみましょう。スタジオパークの見学や、スタジオショップでのお買い物が楽しめます。ニュースでよく見るアナウンサーや芸能人に合う確率が高い場所でもあります。アナウンサーの方などは私服(夏はGパンにTシャツ)で、原宿の駅から普通に通勤で歩いてます。スーツにネクタイはしてませんのでかえってわからないかも。その先に明治神宮があります。 明治神宮   原宿駅になりますが、言わずと知れた日本を代表する神社です。初詣客の多さではナンバー1です。もし時間があればお金をかけずにゆっくりと出来るのがこのあたりです。それでは次の観光スポット六本木へ向かいます。 六本木 渋谷から地下鉄でも原宿から山手線で恵比寿→六本木、10~15分で行けますが、TAXIが一番いいかも。 六本木ヒルズ テレビ朝日や有名企業、複合商業施設やホテルが入る大型ビルです。とにかく、中をぐるぐるまわっているだけで見どころ満載です。東京シティービュー(展望台)やパブリックアート、大きな噴水のある野外エンターテイメントスペースで休憩も出来ます。365日必ずどこかでイベントが行われているのでそれを見学してみたり参加してみたり、軽く一杯飲れる処がたくさんあるのでちょっと一息するのもいいかもです。 でももう少し廻ってみましょう。東京タワーへはぶらぶら麻布のお屋敷を散策しながら30分。 東京タワー 遠くから眺めましょう。時間があれば展望台までどうぞ。 そぞろ歩くと狸穴坂ほど近くに「たぬき煎餅」や、「豆源」など老舗の銘店がぽつぽつあります。覗いてみるのもたのしいですよ。 東京土産に最適です。中々デパートで探すのは大変です。ここ本店でゆったりとお買い物☺ 東京観光の最後に浅草へ行ってみましょう。地下鉄の乗り継ぎとなります。 浅草 言わずと知れた江戸を代表する観光スポット。外国人でごった返してます。雷門をくぐって仲見世通りなんて歩いたら体もぐったりです。 そこでおすすめなのは浅草のアーケード街。浅草雷門通り商店街です。 浅草雷門通り商店街 浅草雷門通り商店街は、浅草の他の商店街と同様に、伝統的な飲食店や特産物・特産品を扱う店舗などがたくさんあって、浅草観光で見逃せない観光アトラクションになっています。アーケード街になっているので、雨にも濡れず、太陽の照りつけもなく、快適にショッピングができます。 葵丸新(あおいまるしん) 浅草には天ぷら屋さんが多いです。天丼が食べたくなったらというか、浅草来たら天丼です。ゴマ油で揚げた東京風てんぷらを一度は食べてみてください。大黒屋も美味しいですが葵丸進をご紹介しましょう。 http://www.aoi-marushin.co.jp/top.html 東京スカイツリー 時間があればスカイツリー展望台に行ってソラカラちゃんに会いに行ってください。日帰りだと厳しいでしょうから、外観をカメラでパチリ。浅草雷門界隈の街中や隅田川沿いの至る所から綺麗に見えます。 最後に穴場中の穴場のパン屋さんを紹介してしまいます。知る人ぞ知るです。 穴場スポット:ペリカンのパン   穴場情報をひとつ。あまり口外しないでくださいね。混んでしまうので・・・ ちょっと雷門から田原町方面へ歩きますが、地元の人にしかあまり知られてない隠れ家的にひっそりと佇む美味しいパン屋さんです。食パンとロールパンしかありません。が、他のパン屋さんに怒られるから大きな声では言えませんが、ここの食パンを食べたら他の食パンは○○られません。( ;∀;) 予約必須。前日(前日だと遅いかも)までに電話予約しないと買えません。買えなくても少し先に直営のカフェがあるのでどうぞ寄ってみてください。 https://www.bakerpelican.com/index.html 東京日帰り観光おススメスポット5選&穴場スポット まとめ 皇居 東京駅に降り立ったら、丸の内口を出て、まっすぐお歩きください。我が国の象徴がお住まいになられる皇居が眼前に広がってきます。 二重橋 古き良き日本を温故知新しに来てください。 和田倉噴水公園レストラン 豊かな緑と迫力ある噴水を眺めながらのブッフェ形式のランチです。 桜田門 ものものしい警備とは対照的に皇居のお堀の水色とまばゆい緑のコントラストが抜群に綺麗です。 国会議事堂 日帰りだと中へ入る時間は無いでしょう。時間があれば見学も出来ますし、楽しい国会議事堂限定グッズを買うことが出来ます。 日本橋 東海道の出発起点です。 渋谷 少しは若者の街に触れてみましょう。永田町から3つ目、10分足らずで行けますのでぶらり散策してみましょう。まずはたびたびテレビで登場するスクランブル交差点。 渋谷のスクランブル交差点 お天気中継やDJポリスで有名ですね、観光で訪れる外国人が日本の驚きの光景として取り上げられている交差点です。さてさてぶつからずに歩けますかな。 NHK スクランブル交差点から代々木、原宿方面をぶらぶら歩くとNHK放送局の敷地にたどり着きます。 代々木公園 NHKの横に広がる広大な公園です。もし時間があればお金をかけずにゆっくりと出来るのがこのあたりです。 六本木 渋谷から地下鉄でも原宿から山手線で恵比寿→六本木、10~15分で行けますが、TAXIが一番いいかも。 六本木ヒルズ テレビ朝日や有名企業、複合商業施設やホテルが入る大型ビルです。とにかく、中をぐるぐるまわっているだけで見どころ満載です。 東京タワー 遠くから眺めましょう。時間があれば展望台までどうぞ。 そぞろ歩くと狸穴坂ほど近くに「たぬき煎餅」や、「豆源」など老舗の銘店がぽつぽつあります。覗いてみるのもたのしいですよ。 浅草 言わずと知れた江戸を代表する観光スポット。外国人でごった返してます。 浅草雷門通り商店街 浅草雷門通り商店街は、浅草の他の商店街と同様に、伝統的な飲食店や特産物・特産品を扱う店舗などがたくさんあって、浅草観光で見逃せない観光アトラクションになっています。 葵丸新(あおいまるしん) 浅草には天ぷら屋さんが多いです。天丼が食べたくなったらというか、浅草来たら天丼です。ゴマ油で揚げた東京風てんぷらを一度は食べてみてください。 東京スカイツリー 時間があればスカイツリー展望台に行ってソラカラちゃんに会いに行ってください。日帰りだと厳しいでしょうから、外観をカメラでパチリ。浅草雷門界隈の街中や隅田川沿いの至る所から綺麗に見えます。 穴場スポット:ペリカンのパン 地元の人にしかあまり知られてない隠れ家的にひっそりと佇む美味しいパン屋さんです。食パンとロールパンしかありません。   予約必須。前日(前日だと遅いかも)までに電話予約しないと買えません。買えなくても少し先に直営のカフェがあるのでどうぞ寄ってみてください。 https://www.bakerpelican.com/index.html 次のオススメの記事です アンジャッシュ渡部おすすめのソーダストリーム! 続きを読む