新潟県十日町市のおススメ健康食5選と温泉5選

信濃川
信濃川両岸にいいお米がとれます。

豪雪地帯で有名な新潟県の十日町市。雪下ろし作業中の被害やら、そこに暮らす人々は日々大変な苦労を強いられています。

 

全国津々浦々、食の仕事に30有余年関わる筆者が「十日町市の食の展示会」に参加。

 

そこで出会った美味しい食材や温泉をご紹介します。

 

今回のレポートは新潟県十日町市です。

 

十日町市は何処にある?

位置・アクセス

新潟県十日町市は、新潟県の南端に位置します。

 

交通アクセスは、東京からおよそ2時間。上越新幹線で越後湯沢乗り換え、ほくほく線十日町駅下車です。

ほくほく線

越後湯沢発十日町への旅

 

市内を縦断するように信濃川が流れ、左岸、右岸ともに魚沼こしひかりの田んぼが広がります。

 

冬は当然ながら雪で真っ白。越後妻有地区とも呼ばれます。

 

 

越後妻有地区

「つまあり」では無く、「つまり」と読みます。

 

越後妻有(えちごつまり)地区とは、新潟県南端の十日町市と津南町からなる面積760㎢、東京23区より広い地域を指す日本有数の豪雪地帯です。

 

過疎化が進む一方、国宝「火焔型土器」が遺された縄文の時代から人々が暮らし、農業を通じ大地とかかわってきた歴史・文化と、四季の変化に彩られ、山河によって育まれた日本の原風景とも言うべき美しき豊かな里山が今も残る地域です。

 

 

十日町市の美味しい食材のご紹介

食にかかわる仕事の一環で食の展示会に参加させていただきました。

某ホテルの宴会場だったのですが、洋食で6種類、和食で9種類、中華で7種類、デザートで8種類、お酒は日本酒2種類にワイン、ウイスキー・・・・盛りだくさんでした。

 

美味しかったものをピックアップしてみます。

 

妻有ポーク 

油の融点が低いのですぐに口の中で溶けます!

 

妻有ポークは、完璧な防疫体制と衛生管理体制のため、外部の方の見学は出来ません。

 

 

ほぼ、現地にいかないと購入も不可能です!

だからこそ

いいんです! 🙂 

 

魚沼産コシヒカリ

 

雪深い十日町では、その雪を天然の冷蔵庫として利用して、様々な農作物を保冷しています。今回見学したのは、十日町市にあるリゾートホテル内のコテージの地下を「雪室(ゆきむろ)」にしているものでした。降り積もった雪を雪室に入れ込み、1年中電気を使わない天然の冷蔵庫としているのです。そこに秋口に収穫した新米の魚沼こしひかりを貯蔵するのです。

 

これはさすがに購入可能です!

雪下人参ジュース

新潟県魚沼で 越冬した 雪下 にんじん 10kg (訳あり)

 

豪雪地ならではの特選野菜で、昨年秋に収穫する人参をわざと3~4 メートルもの雪の下で冬を越させ、春の3月中旬から4月頃にかかけて除雪をし収穫する人参のことです。特徴は、糖度が普通の人参に比べ2度程高く、人参特有の嫌な癖もありません。

 

雪下人参ジュース ストレートタイプ 1L×6本×2箱 津南高原 にんじんジュース 贈り物 ギフト 野菜ジュース にんじん

 

人参嫌いの方でも食べていただけます!サラダや写真のように「雪下人参ジュース」としても売られています。

ピーチフレグランス苺

 

花水農産という生産者を見学してきました。

山間にあるのですが、野菜や豆腐、苺など、苗場山から潤沢にほとばしる名水を贅沢にふんだんに使っていました。

そんな食材が美味しくないはずがありません。

 

 

特に今が旬のいちごは、「ピーチフレグランス苺」といって桃の香りがします。

少し白い色のイチゴでしたが絶品でした。

 

魚沼の水

とにかく「水」が美味しかった。周りを山に囲まれる当地ではふんだんに伏流水を利用できます。

 

なのでこの地域で作られる惣菜やのっぺもすべて美味でした。

 

 

単体でも紹介します。その名も「魚沼の水」です。

三国山脈系苗場山(2,145m)東側の深い地層で 自然ろ過された「硬度16」の超軟水です。

 

これを使って魚沼こしひかりを炊き上げるとふっくら旨味のブランド米が一層引き立つのです。

 

お腹一杯になったところで、さあ、最後にこの地域の温泉をめぐりましょう!

十日町市の温泉めぐり

 

十日町市の温泉郷は、エリア別に、松之山地域、十日町地域、中里地域、松代地域、川西地域と5つの地域からなります。広報の動画です。

 

代表する公共の8施設を紹介しています。

 

 

松之山地域(松之山温泉郷 松之山温泉)

日本三大薬湯といわれており、新潟と長野県境にたたずむ雪深い山あいの温泉郷で、鷹の湯、庚申の湯、鏡の湯、湯田の湯、じょうもんの湯、湯坂の湯、翠の湯と、7か所の源泉があり、全て自噴です。ナトリウム・カルシウム-塩化物泉。塩分が強いのが特徴で、冬でも湯冷めしません。

十日町地域(十日町温泉郷 明石の湯)

「越後妻有交流館キナーレ」内の入浴施設。季節毎の「変わり湯」も楽しめます。
館内にはお食事もできる無料休憩室やカフェも併設しています。隣に道の駅「クロステン」もあり、土産物等、すべてここで揃います。塩化物、炭酸水素温泉。

中里地域(ゆくら妻有、ミオンなかさと、清津峡小出温泉 湯処よーへり)

上信越高原国立公園にある日本三大峡谷、清津川の渓谷にひっそりとたたずむ温泉郷です。道路事情が悪かったため、大正時代に知られるようになりました。単純硫黄泉。

松代地域(まつだい芝峠温泉 雲海)

ここから望む大パノラマは「八海山」「巻機山」「苗場山」などの魚沼連峰です。四季折々の感動を与えてくれます。日常から離れ、どこか懐かしい日本の原風景に触れることが出来ます。ナトリウム・塩化物温泉。

川西地域(千手温泉 千年の湯)

温泉は、開設当時から「神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩・・・とにかく健康になってしまうという噂」で、市内外から年間25万人以上の温泉通が訪れています。
温泉は源泉の掛け流し、檜をふんだんに使った檜風呂と信濃川の自然石を使った玉石風呂が自慢で、露天風呂やサウナも楽しめます。弱アルカリ性単純泉。

新潟県十日町市のおススメ健康食6選と温泉5選のまとめです

十日町市は何処にある?

位置・アクセス

新潟県十日町市は、新潟県の南端に位置します。

越後妻有地区

新潟県南端の十日町市と津南町からなる日本有数の豪雪地帯です。日本の原風景とも言うべき美しき豊かな里山が今も残る地域です。

十日町市の美味しい食材のご紹介

妻有ポーク、雪室貯蔵米、雪下人参・雪下人参ジュース、ピーチフレグランス苺、魚沼の水、十日町産にんにく

十日町市の温泉めぐり

松之山地域(松之山温泉郷 松之山温泉)

十日町地域(十日町温泉郷 明石の湯)

中里地域(ゆくら妻有、ミオンなかさと、清津峡小出温泉 湯処よーへり)

松代地域(まつだい芝峠温泉雲海)

川西地域(千手温泉 千年の湯)

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*