目の下のたるみ・クマをストレッチ、食材、アイショットクリームで解消

日本全国津々浦々住み歩き食べ飲み歩いた経験を発信しています!今回は加齢と共に悪化する「目の下のクマ・たるみ」の解消方法のご紹介です。

何度でも云います!

今が肝心です。手遅れになります。

目の下のたるみ・クマの原因、5つあります

①眼球の垂れ下がりによる眼窩脂肪(がんかしぼう)の膨らみ。

眼球を支えている「ロックウッド靱帯(じんたい)が緩み、眼球が下へ垂れてくることによって、眼窩脂肪(眼球の下の脂肪)が圧迫され前方に膨らんできてしまい、クマ・たるみの原因となります。

②下まぶたの皮膚や眼輪筋などの緩み

下まぶたの皮膚、眼輪筋(がんりんきん)、眼輪隔膜(がんりんかくまく)などが緩むことによる眼球の下部の脂肪が前方に膨らみ、クマやたるみの原因となります。

③頬の皮膚のたるみ

老廃物が目の下にたまって前に出てきたり、加齢とともに頬の皮膚が下に垂れ下がり、下まぶたの膨らみがより強調されて、クマやたるみの原因となります。

④目の疲れやストレス

疲れやストレスが溜まると、目の周りの毛細血管の血行不良で、還元ヘモクロビンの多い暗赤色の血液が目元の皮膚に透けて、青っぽい色に見えてしまいます。または、紫外線や乾燥などで肌ストレスの影響によって表皮のメラニン色素の量が増加し、色素沈着を起こしてしまった場合に目のクマが発生してしまう原因となります。

⑤腎臓の疲れ

顔や舌の状態をみて症状を判断する「望診法」というものがあります。顔は臓器の鏡と表現されると言われています。目の下は、「腎臓」にあたり、目の下にクマができることは、腎臓が疲れているサインなんです。血液をろ過する役割の腎臓の機能が低下すると、血液中に老廃物が溜まってしまい、目の下が黒ずんだりする原因となります。

目の下の脂肪量は人により異なり、生まれつき脂肪量が多い方もいますが、目の大きい方や頬骨が張っている方は目の下のたるみやクマが生じやすいのです。目の下に脂肪が多いと皮膚の色素沈着がより濃く見えてしまい、目の下のクマの原因となるのです。

目の下のクマの種類

また、目の下のクマには次の5つの種類があります。

①赤クマ

頬の上の方に指先を当てて下に引っ張った時にクマの部分に赤みが増えた場合は赤クマです。

冷えやストレスによる血行不良が要因で、静脈と動脈の両方がうっ血を起こしている場合が多いのです。

②青クマ

目尻に指先を当てて外側に引っ張った時、クマの色が薄くなるのが青クマの特徴です。疲れや睡眠不足による目元の血行不良です。

目元は皮膚が薄いため、血液の滞りが皮膚の上からでも青黒く見えてしまいます。東洋医学では、肝臓の不調を表すと言われています。

③黒クマ

鏡で目元を見ながら顔を上に向け、色が薄くなったら黒クマの可能性が高いです。加齢による下まぶたのたるみやシワ、そして顔のむくみです。たるみやシワが目元に影をつくることでクマのように見えてしまいます。東洋医学では、腎臓の不調を表すと言われています。

④茶クマ

青クマの見分けと同じ動作をしても色が変わらない時は茶クマです。目元の色の色素沈着が原因です。肌を守る為に発生したメラニン色素が正常に排出されないまま肌の表面に残ってしまいます。

⑤複合クマ

4種類のクマが複合してできる複合クマが5つ目です。

目の下のたるみ・クマの解消方法

目の下ストレッチによる解消方法

セルフエステ「簡単まぶたストレッチ」

セルフエステでたるみとシワを3分で消す!東京エステ協会の代表理事、出口アヤさんの「AyaTv」の動画をご覧ください。

https://youtu.be/FzJZZXS0YLI?list=PLCgIjJ2pTOwM6bm53ytGUEBcy1BDAMp3C

眼輪筋のエクセサイズ「ダウンエイジトレーナー」

下まぶたのたるみを解消してハリを与える眼輪筋のエクセサイズ「ダウンエイジングトレーナー」吉成聡さんのエクセサイズ動画をご覧ください。

https://youtu.be/2gU0hrRdu94?list=PLCgIjJ2pTOwM6bm53ytGUEBcy1BDAMp3C

食べ物による解消方法

目の下に良い5つの栄養素と食材

出来てしまった目の下のたるみ・クマは食事で改善しましょう。

たるみ・クマ解消に役立つ栄養素を補い、意識的に効果のある食べ物を取り入れた食事をおススメします。

①カリウム

体内の余分な水分と塩分を排出してくれるカリウムです。腎臓の働きを良くするためにも補給が必要です。
<食材>
里芋、アボカド、たけのこ、枝豆、ほうれん草、小松菜、バナナ

②ビタミンA
ブロッコリー

目の疲労や角膜の健康に効果を発揮します。皮膚や粘膜の免疫力の向上や、抗酸化作用があります。
<食材>
かぼちゃ、ピーマン、ブロッコリー、ホウレン草、小松菜など色の濃い緑黄色野菜 

③ビタミンC
みかん

紫外線などによるメラニン色素の生成を抑制する働きがあり、エイジングによるクマなどの肌トラブルや紫外線による色素沈着クマ予防にも◎。
<食材>
パプリカ、ブロッコリー、カリフラワー、キャベツ、れんこん、イチゴ、柿、みかん

④ビタミンE
カボチャ

肌だけでなく体内をめぐる血管や細胞などの様々な要素の老化予防と血流を促す効果、老化の原因となる活性酸素を除去する事が出来る強い抗酸化作用があります。
<食材>
玄米、カボチャ、ナッツ類、納豆、アボカド

⑤鉄分

目の周りの血流を良くするため血液中の酸素を運ぶヘモグロビンの材料となって、血行を促進します。
<食材>
大豆、ほうれん草、ひじき、大根、いんげん豆

毎日欠かせない「食事」の中で、目の下に良い栄養素を美味しく取り入れて、たるみ・クマの解消を試みましょう。

スキンケア商品による解消方法

男性用目の下特化型アイショットクリーム【メンズアイキララ】

男性用目の下特化型アイショットクリーム「メンズアイキララ」を紹介します。

配合されている主要の美容成分の働きはコチラです。

(1)MGA(ビタミンC誘導体)

失われた目の下のハリと弾力を覚醒させふっくらと若々しい印象に導きます。

(2)ハロキシル

目元ケアのために開発された成分で、重くなった目元の印象を明るくします。

(3)Kコンプレックス

悪くなった目の下の流れをスムーズにし、さらに皮膚に潤いを与え柔軟性を保つことでリズムを整えます。



目の下のたるみ・クマをストレッチ、食材、アイショットクリームで解消 まとめです。

目の下のストレッチ:東京セルフエステ協会、ダウンエイジングトレーナーの動画

目のたるみ・クマに良い食材

目の下特化型アイショットクリーム【メンズアイキララ】

以上3つを可能な限りすべてお試しいただくのが一番おススメです。

目の下のたるみ・クマをストレッチ、食材、アイショットクリームで解消」への3件のフィードバック

  1. ピンバック: メニエール病の原因と症状、自分で治す正しい知識&芸能人 | 日本全国住めば都

  2. ピンバック: 北海道胆振東部地震 復興支援 北国からの贈り物を買って支援しよう! | 日本全国住めば都

  3. ピンバック: 花粉症に効く?オススメのヨーグルト8選 | 日本全国住めば都

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です